[闘技場ガイド] ハッピー・ハロウェンド!初期予想(Remyu著)

ハッピー・ハロウェンド!期間中、闘技場のヒーローは「デュアルクラス」となり、ヒーロー選択後にヒーローパワーを選択し、選んだ2つのヒーローのクラスカードと中立のカードがドラフトで出現するようになります。

例えば、ヒーローとして「ドルイド」を選択し、ヒーローパワーとして「パラディン」を選択すると、ドルイドとパラディン及び中立のカードがドラフトで選べる、という感じです。

あくまで現段階の予想ですが、ヒーローとしての優先度、ヒーローパワーとしての優先度をランク付けしてみたいと思います。

なお、ここでの「強さ」とは安定した強さを意味します。もちろんどのヒーローでも最強デッキを組めれば強いのは当然ですが、毎回組める訳ではないので、より安定して勝てるヒーローを「強い」と表現しています。

ヒーロー側優先度

1.ドルイド


クラスカードが全体的にバランス良く強いので、どのヒーローとも組ませやすい。さらに、究極の浸食という最強カードもある。

2.パラディン


武器とバフが単体でも非常に強いので、他のヒーロー関係なしに強い。ただし、バフは自分が盤面を取れていないと機能しないため、序盤から盤面を取りにくいヒーローとの相性は少し悪いか。

3.プリースト


後半に強いカードが多いので、序盤に強いヒーローと組めばかなり安定しそう。除去も優秀なものが揃っている。相手のデッキからカードを盗めば一人でクアッドクラスだ!

4.ハンター


軽いミニオンが優秀なので序盤を安定させやすい。後半強いクラスと組んでオールラウンドにするか、序盤から攻めるクラスと組んで速攻をかけるか、色々できそう。

5.ウォーロック


新カードに冒涜卑劣なドレッドロードがあるため、強いカードを選べる期待値が高め。一方で、破棄シナジーは邪魔になりそうなのはマイナス。ウォーロックはヒーローパワーが強いヒーローなのでどちらかと言えばヒーローパワー側で選びたいのもマイナス要素。

6.メイジ


スペルは強力なものが多い。ただし、秘策関連のシナジーを狙いにくくなるためデュアルクラス仕様ではマイナス。さらにはヒーローパワーが強いヒーローなのも、ヒーロー選択としてはマイナス要素。

7.ローグ


闘技場に適したカードを多く持つ闘技場のチャンピオン。しかし、ローグはヒーローパワーが非常に強く、そのヒーローパワーがなくなるのはもはやローグとは呼べないのでは…という印象。また、武器を強化するカードもあるので、武器を持つヒーローと組めないとそれらのカードを非常に取りにくくなるのは大きなマイナス要素。

8.ウォリアー


ヒーローパワーさえ変わればもう最弱とは呼ばせない…と思いきや、武器と一部のカード以外は大体闘技場では弱いので安定せず弱そう。

9.シャーマン


新カードが軒並み弱いのでドラフトに弱いカードが出やすく安定しない。また、トーテムやオーバーロード、凍結シナジー()も狙いにくくなるためさらに安泰しない。

 

ヒーローパワー優先度

1.ローグ


闘技場最強のヒーローパワーはデュアルクラスでも遺憾なく発揮されそう。ヒーローパワーさえローグならローグのクラスカードも非常にかみ合うので基本どのヒーローと組み合わせても強い。

2.ドルイド


ヒーローパワー自体は中堅だが、結局クラスカードが強いためヒーローパワー側でもこの位置に。武器とヒーローパワーは併用できるので、武器持ちクラスとも相性が良い。

3.ウォーロック


ヒーローパワーが強い。闘技場ではヒーローパワーを使用する余裕がなく負けることもあるが、序盤に強いクラスと組めばその可能性も減らせる。

4.プリースト


1点が出せるヒーローパワーではないが、本来1回しかトレードに使えないミニオンを2回使えるように出来るのは十分に強い。また、プリーストのカードはプリースト以外のヒーローと組み合わせても強いカードが多いのでこの順位に。

5.メイジ


ヒーローパワー自体は非常に強い。もっとも、メイジの新カードがそこまで強くなく、さらに秘策関連が邪魔になりがちなので安定しないのがやはりマイナス。強いカードさえ取れれば最強クラスなのは間違いない。

6.パラディン


闘技場におけるパラディンのヒーローパワーは、パラディンというヒーローが持っているからそれなりの強さがあるのであって、混合ヒーローになる場合はヒーローパワーの価値が下がることが考えられる。このイベント闘技場においては素直に1点が出るヒーローパワーにした方が安定しそう。

7.ハンター


盤面に干渉できないヒーローパワーはこのイベント闘技場でも足を引っ張りそう。ローグと組んで序盤速攻ができれば、とも考えられるがその場合でもヒーローパワーはローグの方が数倍強いので、ハンターのヒーローパワーが欲しい場面はかなり限定的。

8.シャーマン


呪文ダメージトーテムは様々なヒーローと相性が良いが、狙って出せる訳ではないので安定しない。他のトーテムも活きる場面はあるが、結局シャーマンの新カードの弱さが足を引っ張りそう。

9.ウォリアー


闘技場において最弱のヒーローパワーはどのヒーローとも相性が悪い。そしてウォリアーのクラスカードは弱いカードが多いので、ヒーローパワーのハンデを背負うメリットもない。

 

このイベント闘技場で特別に活躍しそうなカード

思いつく順番に挙げているので順不同です。また、「発見カードは1人目に選んだヒーローのクラスに依存する」という想定で書いているため、実際の仕様によっては記述と異なる場合があり得ます。
(カバールの飛脚等の複数クラスの発見を除き、もともと「発見」は自クラスと中立のカードしか出ません)

 

1.イセリアルの売人

詳しい仕様が分からないため確実ではないが、自分が選んだローグでないヒーローのクラスカードのコストが下がるとしたらあまりに強い。6マナ恐竜化、7マナ荒野の呼び声、8マナ究極の浸食辺りをされたら試合が終わるし、されなくても終わりそう。

 

2.ブラックガード

特にプリーストと組んだときに強さを発揮できる。ヒーローパワーで2点飛ばせるようになるだけでなく、その他回復カードとの相性も非常に良好。

3.ドゥーメラン

パラディンなどの強い武器を持つヒーローと組んだ場合に。1マナで4点出しつつトゥルーシルバー・チャンピオンなどを再利用されたら試合を諦めたくなりそう。

4.ルーン鍛冶場のヌシ

上と同じく、強い武器を持つヒーローと組んだ場合に。

5.ヒーローがパラディン + 使えるヤツを知ってるぜ

パラディンの優秀な挑発ミニオンを発見できる。

6.追い詰められた歩哨 + 拡がりゆく虫害

相手のミニオンを水増しして拡がりゆく虫害を使える。

7. 狩人の狙い + 1点が出せるヒーローパワー

3マナ確定除去。

8.オウケナイのソウルプリースト + 他クラスの回復カード

禁じられた癒しで20点バーストのロマン砲を決めよう。

9.ヒーローがパラディン + 琥珀の中に眠るもの

ティリオン光の王ラグナロスが狙えるようになる。

10.優秀な断末魔をもつヒーロー + 地の底の探索

1マナで優秀な断末魔を発見できる期待値が上がる。

11.望まれぬ犠牲 + パラディン or シャーマンのヒーローパワー

1枚で5マナランダム確定除去

12.黒曜石の破片

「他のクラスカード」に自分のローグでない方のヒーローが含まれるなら。0マナで持てることも十分期待できる。

13.ダークシャイアの管理官 + ヘルス1のミニオンを複数召喚するカード

ヘビの罠でも効果は発動するので、例えば2ターン目にヘビの罠、3ターン目にダークシャイアの管理官を動かせたらかなり強そう。

 

以上です。
せっかくの機会ですので普段闘技場をやらない人もぜひ一緒に楽しみましょう!

 

著者:Remyu(Twitter
実績:アジア闘技場ランキング 6月度1位、7月度9位
闘技場ランキングでの平均勝利数が8を超えることも多く、日本の闘技場ガチ勢の一人として有名

  
 
 


関連情報: