大決戦 16.0.8 レジェンド13位 VitorioRadke’s ガラクロンドズーウォーロック

デッキ概要 VitorioRadkeがレジェンド13位を獲得したガラクロンドズーウォーロック。 コストが4になった悪鬼の秘跡は1枚にしながらも祈願カードを多く採用したデッキ。また、序盤のミニオンを破壊されにくくする笑顔の […]

» Read more

大決戦 16.0.8 レジェンド5位 beekeeper’s ハンドウォーロック

デッキ概要 beekeeperがレジェンド5位を獲得したハンドウォーロック。 悪の手先を強化する暗黒のファラオ・テカーンを採用しているのが特徴的なデッキ。そのため、悪の手先を獲得できる悪党同盟の電線ネズミまで採用していま […]

» Read more

大決戦 16.0 レジェンド13位 gle’s ミッドレンジウォーロック

デッキ概要 gleがレジェンド13位を獲得したミッドレンジウォーロック。 Monsantoのリストの沼のドラゴンの卵をライフドリンカーに変更したデッキ。魂の炎、冥竜の息吹、スケイルライダーなどに加え、更に手札からダメージ […]

» Read more

大決戦 16.0 レジェンド3位 小麦麦’s ガラクロンドウォーロック

デッキ概要 小麦麦がレジェンド3位を獲得したガラクロンドウォーロック。 トワイライト・ドレイクを2枚採用したデッキ。4ターン目に出せれば強いというだけでなく、冥竜の息吹、熱狂のネザーウィングのドラゴンシナジーを活かせます […]

» Read more

大決戦 16.0 レジェンド4位 Tyler’s ガラクロンドウォーロック

デッキ概要 Tylerがレジェンド4位を獲得したガラクロンドウォーロック。 Nohandsgamerのデッキと同様コントロールデッキのように戦うことができるデッキ。ハイランダーデッキではありませんが、後半に効果を発揮でき […]

» Read more

大決戦 16.0 レジェンド Viper’s ハンドウォーロック

デッキ概要 Viperがレジェンド到達に使用したハンドウォーロック。 除去カードのロード・ゴッドフリーや影の炎を採用したデッキ。攻守兼用のシアマトや後半に活躍する歪みしものゼラクなど高コストのカードが多めに採用されている […]

» Read more

大決戦 16.0 レジェンド5位 Nohandsgamer’s ガラクロンドウォーロック

デッキ概要 Nohandsgamerがレジェンド5位を獲得したガラクロンドウォーロック。 祈願による盤面展開を活かしながら、じわじわと相手の体力を削るデッキ。コントロールデッキに似た動きができ、ミニオンの展開が中途半端な […]

» Read more

大決戦 16.0 レジェンド9位 Molino’s ハンドウォーロック

デッキ概要 Molinoがレジェンド9位を獲得したハンドウォーロック。 Monsanto発祥で、ぱっと見た怪しいカードが多いもののそこそこ活躍しているデッキタイプ。このデッキでは山の巨人が抜かれており、ハンドロックではな […]

» Read more

大決戦 16.0 レジェンド Monsanto’s ハンドウォーロック

デッキ概要 Monsantoがレジェンド到達に使用したハンドウォーロック。 エフルの射手などの1マナミニオンを採用したかなり独特なデッキ。どちらも主に悪党同盟の異才のエサとして使い、ミニオンを出しつつ手札補充を行います。 […]

» Read more

大決戦 16.0 レジェンド3位 Kalaxz’s ガラクロンドズーウォーロック

デッキ概要 FlecheNoireが月初レジェンド3位を獲得したガラクロンドズーウォーロック。 メカンガルーや爆熱バトルメイジなどの1マナミニオンを多く採用し、序盤からの攻めを重視したアグロデッキ。比較的早い段階からミニ […]

» Read more

大決戦 16.0 レジェンド3位 ProBeater’s ハンドウォーロック

デッキ概要 ProBeaterがレジェンド3位を獲得したハンドウォーロック。 邪悪の化身ガラクロンドは採用していないデッキ。往年のハンドウォーロック同様、サンフューリーの護衛や大地の円環の遠見師を採用しています。また、ハ […]

» Read more
1 2 3 36