夏季選手権の5つの名場面

夏季選手権の5つの名場面(5 Miracle Moments from the HCT Summer Championship)

(以下の内容は、NA公式サイトに掲載された記事の翻訳となります)

先週末にブリザードアリーナ・ロサンゼルスで行われた、ハースストーンチャンピオンシップツアー(HCT)夏季選手権を観戦した全てのプレイヤーは、世界最高峰の選手の才能と強さに舌を巻いたことでしょう。

ただ、もし見逃していた方がいるのならば、ここで5つのハイライトを紹介しましょう。

 

第5位 全ての僕たちよ、真の王に仕えるのだ

tom60229選手との対戦で、Purple選手はデッキの残りが7枚、かつ盤面の構築が不可能な状況に陥っていました。奇跡が起こらなければ負ける、そんな場面で6コストの翡翠のゴーレムが告死隠者スロールの雄叫び効果でリッチキングになりました。リッチキングは対魔法障壁をPurple選手に与え、勝利へ導いたのです。

 

第4位 ポーカーフェイス

同じく、Purple選手とtom60229選手との試合で非常に印象的な場面がありました。tom60229選手が貼ったメイジの秘策を、Purple選手がモニター越しにtom60229選手のポーカーフェイスから読み取ろうとしたのです。Purple選手がtom60229選手の表情から秘策を読み取ったかどうかは定かではありませんが、なぎ払いで呪文相殺を発動させて究極の侵蝕を守りました。

 

第3位 ドブネズミ!!

OldBoy選手とNalguidan選手との第5試合(最終戦)で、OldBoy選手は死地から勝利を獲得しました。Nalguidan選手は2度OldBoy選手に負けており、1度は直近の試合、2度目はドブネズミでひきずりだされた終末預言者によってでした。そして、同じことがここでも起きました。OldBoy選手が終末預言者を狙い撃ちし、試合に勝利しました。

 

第2位 このカードを使う度、カードの名前を大声で読み上げること。

Surrender選手はOmegaZero選手のハンターのデッキを1試合中に3回下しましたが、それは容易なことではありませんでした。デッキリストは公開制でしたのでSurrender選手はOmegaZero選手のリストを熟知していました。が、それ以上にSurrender選手はOmegaZero選手の心を深く読んでいました。OmegaZero選手の1枚目の手札は、ゲーム開始時からずっと使用されていませんでした。それがミニオンや直接ダメージを与えるカードであれば、既に使用されていたはずです。そのカードは猟犬を放て!でした。Surrender選手はそれを見抜き、OmegaZero選手のミニオン1体で自分のミニオン2体を処理してリーサルダメージを逃れたのです。

 

第1位 これが回復の輪だ

HCT夏季選手権のトロフィーをかけ、2対2で迎えた最後の対戦はSurrender選手とOrange選手のラザカスプリースト同士の激しい対決となりました。ある場面でOrange選手はSurrender選手に対して回復の輪などを使ってカードを6枚オーバードローさせ、重要なコンボパーツの一つ「縛鎖のラザ」を破棄させようとしたのです。両選手、キャスターが息を呑み、ドローされるカードを見守りました。

残念ながらOrange選手が破棄させた6枚のカードはSurrender選手の勝敗に影響するものではなく、見事Surrender選手がHCT夏季選手権のチャンピオンになったのです。

 

訳:ahirun

 

公式:5 Miracle Moments from the HCT Summer Championship

関連:2017ロサンゼルス夏季選手権 選手、デッキ紹介

 

翻訳記事では文章を読みやすくするため、意訳を行ったり文章の順番を意図的に変えたりすることがあります。ただ、出来る限り内容を正確に伝えたいと考えていますので、解釈が異なる場合、誤りを見つけた場合はお気軽にTwitterやお問合せからご連絡ください。 
 
 


関連情報: