【動画】ハースストーンの謎を検証 – Hearthstone Mythbusters Best of 2017

ハースストーンの謎を検証する動画「Hearthstone Mythbusters」シリーズの2017年ベスト版が公開されています。

検証内容は以下の通り。

 

1. ハンドバフ効果はバフされたマルシェザール公爵を表示してしまう


結果 →:バグか仕様かは不明だが何故か表示されてしまう(左サイドのログに表示される)

 

2. ロード・ジャラクサスはヒーローを破壊する前(変身前)に倒すことができない

結果 → ×:ヒーロー破壊前(変身前)でも死ぬ

 

3. 攻撃力を1にされた攻撃力5のミニオンでも、動物園の監視員でコピーするとドルイドのクエストカウントが進む

結果 → :攻撃力が1のミニオンでもドルイドのクエストにカウントされる

 

4. お互いのプレイヤーが四騎士を同時に召喚すると、対戦は引き分けになる

結果 → :同時に特殊条件を達成するとお互いのヒーローが死亡する

 

5. 号令は体力1のミニオンを猛毒の効果から守ることが出来る

結果 → :猛毒の効果は「ダメージを受けたミニオンを破壊する」という効果のため、こうなる

 

6. 8ダメージを与え、体力を6増やすカザカスポーションを使用したとき、ぐったりガブ呑み亭の常連の効果が発動する

結果 → ×:発動しない

 

7. 圧踏のバーナバスでコストが減ったミニオンは、ジャウスト(※)では減算前の元のマナコストを参照する
※ お互いのデッキに入っているカードを公開してマナコストを比較する効果

結果 → :減算前のマナコストを参照する

 

8. パトコドーの雄叫び効果は盤面にいるミニオンのバフも影響を受ける

結果 → :手札にある状態の攻撃力ではなく、盤面に出したときの攻撃力を参照する

 

9. 墓に潜むもので手札に戻したフェイトスピナーは断末魔効果の「選択」が出来ない

結果 → :断末魔は選択できず、死亡時の断末魔効果が選ばれる

 

10. 精神支配で相手のミニオンを奪うと西風のジニーに召喚酔いを与える

結果 → :動ける状態になっていても、召喚酔い状態になってしまう

 

11. ノズドルムは自分たちの待ち時間を15秒にする

結果 → ×:15秒ではなく、約20秒ある

 

12. 地底の大洞窟は違うカードでも同じ名前のミニオンならクエストのカウントが進む

結果 → :コレクション外カードにある名前が同じカードでもカウントが進む

 

13. 呪文ダメージ+の効果はデッキ内や手札内だと効果を得られない

結果 → ×:効果はデッキ内や手札内で得られる(動画内ではマローンに呪文ダメージ+1を付与し、デッキ内に戻すという特殊な処理を行っている)

 

14. トートランの始原術師で唱えられた段取りの効果は重複する

結果 → :段取りの効果が重複する(呪文のコストが-3+(-3)の-6になる)

 

15. ノッゲンフォッガー市長の効果は鮫のゲンゾーの効果を2度発動させる

結果 → :最初に殴ろうとした際とターゲットを変えて殴ろうとした際にそれぞれ発動する

 

16. クリスタルコア(ローグのクエスト報酬)発動後に狂気ポーションで奪ったミニオンは、相手の盤面に戻った際も5/5のまま

結果 → :狂気ポーションで奪って自分の盤面で5/5になり、その後相手の盤面に戻っても5/5のままになっている

 

17. ブラン・ブロンズビアードが盤面にいる状況で骸の駆り手を召喚すると生命奪取効果が2回分付与される

結果 → :カードには1回分の生命奪取効果しか表示されないが、2回生命奪取が発動するようになる

 

18. トートランの始原術師で唱えられた生贄の契約はアドベンチャーモードのマルシェザール公爵を倒せる

結果 → :倒せる(デッキに入れた生贄の契約を使用した場合は特殊メッセージが出て倒せない) 
 
 


関連情報: