スタンダードとワイルド! – ハースストーン入門ガイド(7)

スタンダードとワイルド?

ハースストーンを遊ぶフォーマットとしてスタンダードとワイルドがあります。

スタンダードでは特定のカードセットのみ、ワイルドでは全てのカードセットが使用可能です。どちらも人気がありますが、まずはスタンダードフォーマットで遊んでみるのがお薦めです。

スタンダードフォーマットとは

スタンダードフォーマットでは、特定のカードセットのみ使用可能です。スタンダードフォーマットで利用可能なカードセットは以下のとおり。

  1. 基本カード
  2. クラシックカード(※後述の栄誉の殿堂を除く)
  3. その年にリリースされたカード
  4. その前年にリリースされたカード

※栄誉の殿堂

クラシックセットのカードの内、スタンダードフォーマットでは使用不可能なカード。
いずれのカードも非常に強力であるがために殿堂入りしたカードです。
ゲーム内のコレクション画面でもクラシックからは除外され、栄誉の殿堂セットとして確認できます。

また、スタンダードフォーマットは毎年4月に切り替わります。

例:ワタリガラス年(2018年度)使用可能なカード

  1. 基本カード
  2. クラシックカード(※栄誉の殿堂を除く)
  3. 大魔境ウンゴロ(2017年4月リリース)
  4. 凍てつく玉座の騎士団(2017年8月リリース)
  5. コボルトと秘宝の迷宮(2017年12月リリース)
  6. 妖の森ウィッチウッド(2018年4月リリース)
  7. 博士のメカメカ大作戦(2018年8月リリース)
  8. 天下一ヴドゥ祭(2018年12月リリース)

2019年4月に迎える新しいスタンダードフォーマットでは、上記3~5は使用不可能になります。

ワイルドフォーマットとは

ワイルドフォーマットでは、全てのカードセットを使用することが可能です。

スタンダードよりも広いカードプールであるため、驚くようなコンボをプレイしたり、面白いデッキを構築することができます。

一方、その分必要なカード資産も多いため、スタンダードフォーマットに比べると人口は少なめです。よりワイルドな環境で遊んでみたい!という方はチャレンジしてみては如何でしょうか?

スタンダードとワイルドの切り替え

プレイモードの切り替えボタンを押すことで切り替えが可能です。ランク戦の成績はスタンダードとワイルドで別々に管理されています。

PCの場合

スマートフォンの場合


 

「闘技場とは?」

 
 
 


関連情報: