酒場の喧嘩 – 「チャンピオンの喧嘩 ラウンド2」(2019年2月21日 ~ 2月25日)

今週の酒場の喧嘩は「チャンピオンの喧嘩 ラウンド2」

概要

ルール:特定のミコシを持つ喧嘩祭のトロルの闘士になり、相手と戦う酒場の喧嘩

デッキ構築:なし

禁止カード:なし

フォーマット:ワイルド

報酬:クラシックカードパック1つ

期間:2月21日 ~ 2月25日

サーバー毎の配信期間
アジア:2月21日 03:00 ~ 2月25日 08:00
南北アメリカ:2月21日 02:00 ~ 2月25日 20:00
ヨーロッパ:2月21日 04:00 ~ 2月25日 14:00

攻略

ヒーローはそれぞれ喧嘩祭に登場するトロルの闘士になります。ヒーローパワーも全てそれぞれのクラスに応じたものになります。先週に引き続き2回目の酒場となりますが、ミコシやデッキは全て変わっています。

なお、今週は先週と違い喧嘩祭だけで使用できる特殊なカードが採用されています。どれも強力なカードなので、有効活用しましょう。

ヴーン(ウォリアー)

ドラゴンを中心としたハイランダーデッキ。

上手く回れば強いデッキですが、重いカードが多く除去カードも少ないため手札事故によって負けることがあるでしょう。アレクストラーザ―の勇者トサカのロッカーが序盤非常に強いので、マリガンではこのカードを全力で探しましょう。中途半端なミニオンを手札に残しても、ミコシが倒されてしまうとこのデッキは活かせません。

ゼンティーモ(シャーマン)

オーバーロード中心のデッキ。

ミコシは体力が2と少ないものの、非常に強力な効果を持っています。カエルの雨と組み合わせることで通常2/4のカエルが3体並ぶところ5/4のカエルが3体並びます。マリガンではトーテムゴーレムを探しましょう。オーバーロードが解除できる永劫の監視者、溶岩の衝撃は中盤以降のほうが多くのオーバーロードを解除出来ます。特殊カードのゲロゲロ槍試合選手は相乗効果が薄くランダム要素が高いためそれほど効果的なカードではありません。

フックタスク(ローグ)

マリゴスからのOTKが狙える特殊なデッキ。

ミコシ効果+マリゴス腹裂きが9x2=18点となるため、コインx3+腹裂きx2+マリゴスでOTKが狙えます。ドローカードが少なく簡単ではありませんが、ロブストロクの味見係がそのコンボの後押しをしてくれます。死角からの一刺しはミコシと組み合わせると4点ダメージになることを覚えておきましょう。ロブストロクの味見係が特に強力なため、マリガンでは優先して探しましょう。

ジカール(パラディン)

自傷ダメージを相手に与えつつ自分は回復する、というデッキ。

ブラッドクロー結晶術師凶暴なリクガメなど序盤から盤面を取りやすいカードで自分と相手にダメージを与えつつ、中盤以降は回復して延命することが出来ます。特殊カードの英雄志願者は、沈黙や破壊されない限り、全てヒーローが身代わりとなるので、実質無敵のミニオンです。武器等でヒーローがミニオンを攻撃したときに受けるダメージを受けた際も、ミコシの効果が発動することも忘れずに。

ズルジン(ハンター)

大型の獣中心のデッキ。

序盤ではジャングル・パンサーがミコシの血祭の効果を発揮しやすいミニオンとなりますが、闘鎖のオオヤマネコが非常に強いのでマリガンではこのミニオンを探しに行きましょう。序盤は押されがちですが、中盤以降に大型の獣ミニオンを複数並べられれば勝てるでしょう。なお、血祭は相手のターンでは発動しません。覚えておきましょう。

ローティ(ドルイド)

ミニオンを横に並べてミコシでバフしながら、後半は大型ミニオンを並べるデッキ。

先行で1ターン目グルバシ・チキン、2ターン目ヤシャラージュの烙印という動きが出来れば強いのですが、それ以外はミコシが取られてしまうと序盤~中盤ほとんど強い動きが出来ません。盤面に干渉できるカードも少ないため、手札で腐るカードが多くそのまま負けることもあるでしょう。弱いとは言い切れませんが、負けるときは何もできずに負けるデッキです。踏殺のダイアホーンからは、(カードを引いていない限り)確実にティランタスが出てきます。

ジェクリック(ウォーロック)

破棄効果を積極的に利用し盤面を制圧するデッキ。

本来デメリット効果となる破棄効果が、ミコシの効果でむしろメリットになっています。ランダム要素はあるものの、どの破棄効果もコストを無視して盤面に即ミニオンが出現するため常に相手にプレッシャーを与えられます。マリガンではクエストを返し、ダークシャイアの司書魂の炎を狙い、積極的にカードを破棄して盤面を強化しましょう。おそらく今回の酒場の喧嘩で一番強いヒーローです。

マラクラス(メイジ)

ミコシの効果から得られるフロストファイアを活用するデッキ。

ミコシの効果で得られるフロストファイアは0マナです。デッキの中にはフレイムウェイカー大魔術師アントニダスマリゴスと相乗効果を持つカードが多く含まれているため、安易に使うのはおススメできません。マリガンではスノーチャガーと特殊カードの凍気織師を探しましょう。

タランジ(プリースト)

ミコシの効果で回復効果が敵にだけダメージとなるデッキ。

ミコシが特に強力で、本体の体力が高いだけでなくヒーローパワーで任意の相手に2点ダメージを与えることが出来ます。唐茄子は2マナ2点ダメージを与えつつミニオンを展開でき、ホーゼンの治療師は相手のミニオンの体力関係なく即破壊が可能です。特殊カードの血まみれの医者から手に入る呪文が、強力な除去呪文になる可能性があるので、マリガンではこのカードを探しましょう。特に回復の輪は、0マナで味方ミニオンを4点回復しつつ、相手のミニオンすべてに4点ダメージを与えることが出来ます。

なお、時計仕掛けの自動人形を使用してのダメージは8倍になります。これは回復効果が2倍になりその後ダメージが2倍になるため。そのため、時計仕掛けの自動人形が2体いると16倍のダメージを与えることができ、ヒーローパワーは32点ダメージになります。

 
 
 


関連情報: