マスターズ予選、ランク戦プレイ等への変更

マスターズ予選、マスターズツアーに関して大会フォーマットや参加権利の獲得方法等を変更することが発表されました。これはマスターズ予選に参加したプレイヤーに対して行ったアンケートの結果を反映したもので、適用されるのは10月4日(日本時間)からです。

 

マスターズ予選とランク戦プレイ

  • マスターズ予選では、コンクエスト、3戦2本先取(=Bo3)、3デッキ1用意、1デッキ禁止(=3H1B)の形式が用いられる
  • マスターズ予選の最大参加人数は512名まで拡大される
  • 大会時間を短くするために、全てのマスターズ予選はシングルエリミネーション形式で開催される
  • マスターズ予選シーズン中、5回以上トップ8に入ったプレイヤーがマスターズツアーに招待される(これまでは6回以上)
  • マスターズ予選では1位の選手のみがマスターズツアーに招待される(これまでは1位と2位)
  • マスターズ予選の賞品カードパック数が増加する
  • 毎月、月末に各地域のランク戦上位16名(まだ招待されていないプレイヤー)がマスターズツアーに直接招待される

マスターズツアー

  • マスターズツアーでは、コンクエスト、5戦3本選手(Bo5)、4デッキ用意、1デッキ禁止(4H1B)の形式が用いられる。マスターズツアー・ブカレストから適用される
  • スイス式ラウンドのラウンド数を12から9へと短縮し、トップ8はシングルエリミネーションに変更する

 

 

対戦形式の変更について

今年の初めにスペシャリスト形式を導入した後、参加したプレイヤーのフィードバックに注意深く耳を傾け、コミュニティからの意見を尊重し、以下の変更を取り入れることになりました。10月4日(日本時間)より、マスターズ予選ではコンクエスト、3戦2本先取(Bo3)の3ヒーロー1BAN形式が採用されます。これはマスターズツアーの競技システムに初めて参加するプレイヤーにシステムを分かりやすくするためです。

マスターズツアーに参加するプレイヤーからのフィードバックに応え、マスターズツアーの形式をコンクエスト、5戦3本先取(Bo5)、4ヒーロー1BANに変更します。この変更はマスターズツアー・ブカレストから採用されます。この変更により、各ラウンドにかかる時間が長くなることから、マスターズツアーのスイス式ラウンドの数は12から9へと短縮されます。さらに、開催日数も短縮するために、トップ8はシングルエリミネーションに変更されます。プレイされる合計の試合数は減少しますが、各試合の対戦数の追加分で十分に相殺されるはずです。

マスターズ予選への変更について

ランク戦プレイから招待されるプレイヤー数が増えることから、マスターズ予選からは1位の選手のみが招待されるようになります。また、各予選期間中にトップ8に入る必要がある回数も変更され、これまでは6回以上だったのが、これからは5回以上になります。

「マスターズ予選が長すぎる」というフィードバックが多く寄せられていたことから、全マスターズ予選の形式がシングルエリミネーションに変更されます。

マスターズ予選の最大参加人数を512人まで拡大します。これにより、特にヨーロッパ地域で発生していた、参加したいマスターズ予選に参加できない、という事態が減少するはずです。

変更後の招待者の内訳

ランク戦プレイから招待される人数の増加により、マスターズツアーに招待されるプレイヤーの内訳が変更されています。各大会で約350名の選手が招待されるようになり、内訳は以下の通り。

賞品のカードパック数が増加

各大会の参加者数の増加により、大会で授与されるカードパックの総数も増加します。授与されるパックの数は以下の通り。

順位 賞品 合計パック数
1-2 20 40
3-4 15 30
5-8 10 40
9-16 5 40
17-32 4 64
33-64 3 96
65-128 2 128
129-256 1 128
合計パック数   566

 

これらの変更以外にも、大会プラットフォームのBattlefyが新たな機能を発表するとのことです。

 


公式ブログ:マスターズ予選、ランク戦プレイ等への変更について 
 
 


関連情報: