スタンダード環境のメタ – Dean Ayala

ゲームデザイナーのDean Ayala氏が、スタンダード環境のメタを公式フォーラムに投稿しました。

スタンダード環境における4日分の上位5デッキを紹介しているほか、低ランク帯との違いを個人的に述べています。また、現在のカードもまだ調整するかもしれないと示唆している以外にも、ワイルド環境を配慮したナーフも検討しているそうです。

以下、公式フォーラムの投稿の翻訳です。

Dean Ayala

こんにちは、みなさん!私は今日、スタンダード環境のコミュニティフィードバックと内部統計の確認に時間を費やしていました。私たちが今、また今後どの方向に進んでいくのかを共有したいと思っています。

ここのところ、デッキパワーのレベルは健全に推移しています。以下に示すのは、過去4日間最も成功を収めたデッキです。なお、データは上位1%のプレイヤー、つまりランク3以上からレジェンドを対象としています。

2月8日
クエストハンター – 55.0%
アグロウォリアー – 54.5%
ガラクロンドウォリアー – 54.0%
ハイランダーハンター – 53.7%
メカパラディン – 52.9%

2月9日
クエストハンター – 54.2%
ガラクロンドウォリアー – 54.0%
ハイランダーハンター – 53.9%
復活プリースト – 53.6%
ガラクロンドローグ – 53.0%

2月10日
ガラクロンドウォリアー – 55.0%
メカパラディン – 53.7%
復活プリースト – 53.3%
クエストハンター – 53.1%
ハイランダーハンター – 52.9%

2月11日
コンボプリースト – 55.4%
ガラクロンドウォリアー – 54.3%
ドラゴンハンター – 54.1%
メカパラディン – 53.9%
クエストドルイド – 53.7%

その他注意:
アグロシャーマンはとても良いパフォーマンスを発揮していましたが、確かなものであると言えるほどのサンプル数(試合数)がありませんでした。2月10日時点では勝率55.9%を記録しており、間違いなく最も勝率が高いデッキでした。アグロシャーマンの勝率は15位から1位の中で変動しているため、現在のメタの中で確かな強さを持っていると私たちは考えています。

でっか化ドルイドは、勝率が平均よりやや上回っているだけにも関わらず、人気は高いままです。個々のカードパワーを見る限りでは、このデッキは’数の力ドルイド’と呼んだほうがよいのかもしれません(笑)

低ランク帯のメタは、ほぼ同じ期間でもかなり異なっているように見受けられます。
ランク10~15の現在の上位5デッキは、以下の通りです。

メカパラディン
フェイスハンタ―
トークンドルイド
でっか化ドルイド
ハイランダーハンター

プレイレベルによりメタが異なるのは当たり前のように見えますが、時間の経過とともにプレイレベルが高くなると、通常はトリクルダウン効果が見られます。つまり、上記の低ランクのメタは十分な時間を与えられることで、恐らく今日の上位1%のメタに近いものになるでしょう。

当面の変更の予定はありませんが、ガラクロンドの目覚めのカードまたは次の拡張を楽しいものにするための変更を実施するため、今後数週間はこれらの作業に戻るつもりです。

バトルグラウンドでは浮遊する番人の変更が明日行われますし、近い将来には、大規模なアップデートが予定されています。

また、ワイルド環境についても、今でのバランス調整を確認中です。次の拡張時にワイルドへのローテーションがあるタイミングで、それらを戻すかどうか検討しています。近いうちにもっと多くのアップデートがあるでしょう。お楽しみに!

ソース:STANDARD META UPDATE (2/12)

  
 
 


関連情報: