デーモンハンターの追加 – フェニックス年の新要素

正式リリースから6年の時を経て、ついに新クラスデーモンハンターが実装される「フェニックス年」のハースストンには、新クラスだけでなく様々な新要素が用意されています。

今までのハースストーンで公表された歴代のニュースの中でも群を抜く、今回の発表内容を順に見ていきましょう。

新クラス – デーモンハンター


長らく9つのクラスで戦いを繰り広げてきたハースストーンに、10人目の新クラスデーモンハンターが追加されます。1マナで攻撃力1というヒーローパワーは、シンプルながらもこれまでと全く異なる戦略でハースストーンを楽しめるようになるでしょう。

新しいクラスであるデーモンハンターは、全プレイヤーが無料でアクセスでき、基本カード10種とスターターカード20種も配布されます。

デーモンハンターは、自身で相手のミニオンを倒しながら自分のミニオンを展開し、生命奪取で体力の回復も可能という特徴を持っているヒーローです。ウォーロックのズーデッキのような展開能力と、ローグと似た効果のヒーローパワーで序盤から積極的な攻勢に出られますが、その代償として手札のリソース管理、そして自身の体力管理が重要となります。

また、その他にも新メカニズムの異端も与えられています。異端はカードが手札の左端か右端にあると効果が発動します。いつでも使える効果ではない代わりに、中身はとても強力なものとなっており、無敵を得たり、コストを下げ踏み倒すことが可能となっています。

デーモンハンターとして登場するイリダン・ストームレイジは、Blizzard社が提供するワールド・オブ・ウォークラフトの大人気キャラクターですが、ハースストーンユーザーのためにイリダン・ストームレイジを紹介する一人用モードもあります。この一人用モードは4章構成になっており、序章は日本時間4月3日に公開され、同4月8日から新ヒーローとして使用できるようになります。

灰に舞う降魔の狩人ではデーモンハンターのカードが15枚が追加、続く2つの拡張セットでもそれぞれ15枚ずつ、合計45枚がフェニックス年に実装されます。(通常クラスカードは各拡張セット10枚)

なお、このイリダンはバトルグラウンドにも新ヒーローとして登場します。ヒーローパワーは新しいキーワードにも使われている異端で、効果は”自分の左端と右端のミニオンは最初に攻撃する”というものです。

全レア度でパック開封時の重複排除


ハースストーンには既に、”パック開封時に所持しているレジェンドは出現しない”というルールがありますが、これが全てのレア度に適用されます。コモン、レア、エピックのカードは2枚所持していると、パックから出ることはなくなります。なけなしのゴールドで購入したパックから、既に持っているエピックカードが出てしまう…。こんなことはもう起きません。

持っていないカードが優先して出現する新しいシステムは、パック開封をより楽しいものにしてくれるでしょう。

この新システムは3月27日から適用されます。

※注 レジェンドカードと同様、特定のレア度のカードを全て揃えるとまたパックからランダムで出るようになります。

新しいランク戦システム


ランク戦のシステムは大幅に変更されます。

新しいランクシステムではブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナ、ダイヤモンドと順にレベルアップするリーグが実装されます。それぞれのランクには星が3つずつ用意されており、星がいっぱいの状態から勝利すると上位リーグへ昇格し、ダイヤモンドで昇格するとレジェンドランクへ進みます。

ランクがそれ以上下がらなくなるフロア制も引き続き残っており、各リーグのランク10とランク5に一旦到達すると、どれほど負けてもランクが下がらなくなります。

なお、毎月のリセットは継続して行われ、毎月1日に全てのプレイヤーはブロンズランク10へと落ちますが、前月の獲得ランクに応じて昇格ボーナスがあり、上位ランクを獲得したプレイヤーはすぐにランクを上げることが可能です。

この昇格ボーナスは前シーズンの成績によって与えられるスターボーナスと呼ばれるもので、スターボーナスx5、スターボーナスx10といったように、勝利数に応じて星の増える量が変わります。スターボーナスの中身は以下の表の通り(ソース)。

前シーズン
最高到達ランク
スターボーナス
レジェンド x10(MMRが高いと+1倍)
ダイヤモンド5 x9(MMRが高いと+1倍)
ダイヤモンド10 x8(MMRが高いと+1倍)
プラチナ5 x7(MMRが高いと+1倍)
プラチナ10 x6(MMRが高いと+1倍)
ゴールド5 x5(MMRが高いと+1倍)
ゴールド10 x4(MMRが高いと+1倍)
シルバー5 x3(MMRが高いと+1倍)
シルバー10 x2(MMRが高いと+1倍)
ブロンズ5 x1(MMRが高いと+1倍)
ブロンズ10 x1(MMRが高いと+1倍)

連勝ボーナスはこのボーナスで獲得した星を、更に倍にします。ただし、このスターボーナスは上記フロアに到達するごとに1つずつ減り、ダイヤモンド5でなくなります。

スターボーナス中はMMR(マッチメイキング・レーティング)が適用されており、同じランク帯でも実力の近いプレイヤー同士が対戦できるようになります。

報酬システムにも変更が加わり、シーズン終了後に貰える報酬(End of Season Reward)と初めてランクに到達した直後に貰える報酬(First-Time Rewards)(新規用の初回報酬)に分かれます。

初めてレジェンドに到達したプレイヤーは、クラシックのレジェンドカードが1枚無料でもらえるほか、その過程でも多くのカードやカードパックを受ける取ることが出来ます。

そして、シーズン終了後に貰えるも大量に増え、下記の通りとなります。なお、シーズン終了報酬は下位報酬を全て受け取ることができ、最大でレアカード7枚、パック5つ、エピックカード1枚を得ることが出来ます。(ソース

到達ランク シーズン終了報酬 初めてのランク報酬
ブロンズ
5
スタンダードレアカード x 1枚 クラッシックカードパック x 1個
シルバー
10
最新拡張版のカードパック x 1個 ランダムなクラッシックレアカード x 4枚
シルバー
5
ランダムなスタンダードリアカード x 2枚 クラッシックカードパック x 1個
ゴールド
10
最新拡張版のカードパック x 1個 ランダムなクラッシックレアカード x 4枚
ゴールド
5
ランダムなスタンダードレアカード x 2枚 クラッシックカードパック x 1個
プラチナ
10
最新拡張版のカードパック x 1個 ランダムなクラッシックエピックカード x 1枚
プラチナ
5
ランダムなスタンダードレアカード x 2枚 クラッシックカードパック x 1個
ダイヤモンド
10
最新拡張版のカードパック x 1個 ランダムなクラッシックエピックカード x 1枚
ダイヤモンド
5
ランダムなスタンダードエピックカード x 1枚 クラッシックカードパック x 1個
レジェンド 最新拡張版のカードパック x 1個 ランダムなクラッシックレジェンダリーカード x 1枚

プリーストの再構築


プリーストのクラスには、大きな変更が加えられます。

まず、下記6枚の栄誉の殿堂入り。オウケナイのソウルプリースト聖なる炎預言者ヴェレン影なる姿神授の霊力ノースシャイアの聖職者が、2020年4月8日からスタンダードモードでは使用できなくなります。

ノースシャイアの聖職者神授の霊力は、プリーストがメタで活躍するためのキーパーツとなり続けた非常に強力なカードです。ただし、強力すぎるが故に特にコンボプリーストと呼ばれるデッキで多用され続けました。今回これらのカードを殿堂入りさせることで、プリーストには今までと異なる戦略が与えられます。

そして、6枚の殿堂入りカードの代わりに配布されるのが、以下の6枚の新カードです。攻撃力は低いものの高い体力を持つミニオンの展開を意識したカードが多く含まれています。過去の拡張セットで一時的に序盤からミニオンを展開するスタイルのプリーストが作られたことがありますが、今回基本とクラシックカードにこれらのカードが追加されたことで、より同様のデッキが作りやすくなるでしょう。

 

栄誉の殿堂入りと新カードに加え、既存のカードにも一部変更が加わります。ほどんどのカードがコスト減などの恩恵を受け、使いやすいカードに変更されています。1マナで3ダメージ与えられる聖なる一撃、2マナの密言・死、4マナのホーリーノヴァは特に使いやすくなっています。

 

新規プレイヤー、復帰プレイヤーへの救済


初めてハースストーンを始めたプレイヤー、そして過去4ヶ月間ゲームにログインしていなかった復帰プレイヤーが、自分の好きなクラスの競技用デッキを受け取れるようになります。

この仕組みにより、初めて遊ぶ人も久しぶりに遊ぶ人も、すぐに他のプレイヤーと同レベルの体験が可能になります。

 

今後の展開


フェニックス年のニュースはこれだけではありません。第1フェイズである今回の大量のニュースに加え、第2フェイズには新しいゲームモードが待っています。

第3フェイズには公開されていないコンテンツ(呪文ロックと書かれている部分)が多数残っている他、ハースストーンリリース当初から望まれていた実績システムが実装される予定となっています。

 
 
 


関連情報: