バランス調整の実施 – 2018年12月

バランス調整の実施 – 2018年12月

12月20日(日本時間)にカードのバランス調整が行われることが公表されました。

今回は、ドルイドのコンセプトとなっていた「マナ加速」にメスが入るほか、シャダウォックシャーマンを意識したサロナイト鉱山の奴隷の変更、奇数パラディンのコアカードレベルアップ!、キングスベインローグに無限のバリューを与えていた吸血毒に調整が入ります。

バランス調整されたカードの高解像度画像一覧(zipファイル)

公式の見解

野生の繁茂、滋養

「野生の繁茂」と「滋養」は、基本およびクラシックセットで登場して以来、あらゆるミッドレンジ、コンボ、コントロールのドルイドデッキに採用され続けています。基本およびクラシックセットのカードが強力すぎると、ゲームに長期的な悪影響を及ぼしかねません。常にこれらのカードを相手にしているとプレイがマンネリに感じられるようになりますし、またデッキに必須のカードとされることにより、創造的なデッキ構築の可能性を狭めてしまいます。これら両カードのマナコストを1ずつ増やすことで、終盤戦特化のドルイドデッキの選択肢としては残りつつも、マナ加速自体を強みとはしない戦略のデッキには安易に採用されなくなることを期待しています。
サロナイト鉱山の奴隷

「シャダウォック」は面白いコンボをもたらしますが、1回の対戦で何度も何度も「シャダウォック」を使われることは、苛立ちの原因となり得ます。「サロナイト鉱山の奴隷」に変更を行うことにより、1回の対戦で「シャダウォック」を繰り返し使うことはかなり難しくなります。「シャダウォック」は「サロナイト鉱山の奴隷」の雄叫びで自身をコピーし続けるのではなく、強力な1ターンの効果をもたらすカードとなるはずです。
レベルアップ!

「奇数パラディン」は、「妖の森ウィッチウッド」で登場して以来ずっと、最も強力で、最もプレイされているデッキの1つです。今後「奇数パラディン」は「レベルアップ!」を使えなくなり、ダメージ出力が一定に抑えられることで相手にとっては対戦しやすくなりつつも、盤面コントロールに長けたデッキとして使われ続けることを期待しています。
吸血毒

対戦中に「大逆の刃キングスベイン」を強力な武器へと育てていく、というファンタジーは気に入っているものの、「吸血毒」により永続的な生命奪取効果を与えることで、終盤にはほとんど弱点がなくなっていました。また「ローグが持続的な自己回復能力を持つべきではない」という我々の哲学にも矛盾しています。生命奪取の付与を1ターンのみに限定することで、「キングスベインローグ」の終盤のパワーレベルの問題はある程度解決されるはずです。

魔素の補てん

バランス調整の実施により、今回対象となった3枚のカードは魔素の補てんがあります。バラン調整適用後から一定期間、還元した際の魔素が作成魔素と同じになります。

今回補てんの対象となるカード

  • 滋養(レア、クラシック)
  • サロナイト鉱山の奴隷(レア、凍てつく玉座の騎士団)
  • レベルアップ(エピック、コボルトと秘宝の迷宮)
  • 吸血毒(コモン、凍てつく玉座の騎士団)

補てん期間

2018年12月20日(木) ~ 2019年1月2日(水)

レア度 還元魔素
ノーマル ゴールデン
コモン 40 400
レア 100 800
エピック 400 1600
レジェンド 1600 3200

今後の展望

一般的にTier2以上と呼ばれる強さ、環境への影響力を持つデッキだけをピックアップしています。

最新の環境を知るには、膨大なデータを元にメタを解析しているHSReplay.netが便利です。

バランス調整で消えそうなデッキ

バランス調整で強化されるデッキ

  • スペルハンター
    ドルイド、奇数パラディン、キングスベインローグが消えるため。バランス調整後、最も数が増えそうなデッキ。
  • 奇数ウォリアー
    シャダウォックシャーマン、キングスベインローグが消えるため。今後増えそうな偶数パラディンやズーウォーロックなどにも強い。
  • 奇数ローグ
    ハンターとクエストローグが増えると予想され、相性の悪いドルイドが減るため。影響を受けない偶数ウォーロック、ズーウォーロックにも強い。
  • コントロールメイジ
    ドルイド、シャダウォック、キングスベインローグが消えるため。
  • コントロールプリースト
    ドルイド、シャダウォック、キングスベインローグが消えるため。

変化がありそうなデッキ

  • 性悪ドルイド
    野生の繁茂、滋養の影響を受けないため。
  • ズーウォーロック
    安定したアグロとして復活する可能性がある。正し、入魂とサロナイトの組み合わせなどに変化があるかも。
  • 挑発ドルイド
    ダ・アンダテイカ採用型で虫害を使えるため、生物学プロジェクトの採用などで生き残るかもしれない。
  • クエストローグ
    奇数ウォリなどのコントロールの影響で増える可能性がある。ただ、ドルイドが減るなど、有利なマッチアップも減るため予測は難しい。
  • OTKパラディン
    今環境で強化されており、コントロールデッキに強いため増える可能性がある。
  • 偶数パラディン偶数シャーマン
    直接影響が無く増える可能性があるが、奇数ウォリアー、コントロールメイジに弱いため、調整後の環境に大きく依存する。

 

公式サイト:バランス調整の実施 – 2018年12月 
 
 


関連情報: