大決戦 17.0 レジェンド2位 Sialed’s ガラクロンドウォリアー

デッキ概要 Sialedがレジェンド2位を獲得したガラクロンドウォリアー。 ローグ相手に除去されにくく、血盟の傭兵とも相性が良い傷を負ったトルヴィアを採用したデッキ。また、装甲を獲得できるエターニウム・ローバーと鎧職人は […]

» Read more

大決戦 17.0 レジェンド13位 Fenomeno’s ガラクロンドウォリアー

デッキ概要 Fenomenoがレジェンド13位を獲得したガラクロンドウォリアー。 鎧職人を2枚採用しているのが特徴のデッキ。代わりにイカリや2枚目のコルクロンの精鋭の採用がなくなっていますが、扇動する船頭などと組み合わせ […]

» Read more

大決戦 17.0 レジェンド1位 Ostinato’s ガラクロンドウォリアー

デッキ概要 Ostinatoがレジェンド1位を獲得したガラクロンドウォリアー。 イカリの採用が特徴的なデッキ。海賊カードは扇動する船頭しか採用されておらず、確定サーチが可能です。全て2枚採用のすっきりした構成に仕上がって […]

» Read more

大決戦 16.4 Casie’s ガラクロンドウォリアー

デッキ概要 Casieがレジェンド帯で使用しているガラクロンドウォリアー。 エターニウム・ローバーとチョッキンガーを採用したデッキ。ガラクロンドウォリアーが最高のデッキだとコメントしながら、鎧職人の採用はベストではないと […]

» Read more

大決戦 16.4 レジェンド1位 Caravaggio’s ガラクロンドウォリアー

デッキ概要 Caravaggioがレジェンド16位を獲得したガラクロンドウォリアー。 突撃要員にはリロイ・ジェンキンス1枚を採用したデッキ。飢える陰獣フェルウィングやコルクロンの精鋭は採用せず、エターニウム・ローバーや鎧 […]

» Read more

大決戦 16.2 レジェンド1位 glory’s ガラクロンドウォリアー

デッキ概要 gloryさんがレジェンド1位を獲得したガラクロンドウォリアー。 扇動する船頭を引くことが出来るイカリを採用したデッキ。苦痛の侍祭が1枚となっているものの、後半戦でも役に立つ扇動する船頭が確実を確実にドローし […]

» Read more

大決戦 16.2 レジェンド2位 Monsanto’s ガラクロンドウォリアー

デッキ概要 Monsantoがレジェンド2位を獲得したガラクロンドウォリアー。 装甲を貯められるエターニウム・ローバーと鎧職人を2枚ずつ採用したデッキ。チョッキンガーの採用が特徴的で、単体でも使いやすいミニオンですがエタ […]

» Read more

大決戦 16.2 レジェンド28位 Casie’s ガラクロンドウォリアー

デッキ概要 Casieがレジェンド28位を獲得したガラクロンドウォリアー。 頻繁に採用されているドローソースの狂瀾怒濤を採用していないのが特徴のデッキ。その分、選択枠になっている鎧職人、コルクロンの精鋭、飢える陰獣フェル […]

» Read more

大決戦 16.2 レジェンド3位 Casie’s ガラクロンドウォリアー

デッキ概要 Casieがレジェンド13位を獲得したガラクロンドウォリアー。 wiRerのリストの苦痛の侍祭1枚を鎧職人に変更したデッキ。対ハンターとミラーマッチを意識して採用したとのこと。戦績は48勝17敗(勝率64%) […]

» Read more

大決戦 16.2 レジェンド6位 wiRer’s ガラクロンドウォリアー

デッキ概要 wiRerがレジェンド6位を獲得したガラクロンドウォリアー。 新カードの飢える陰獣フェルウィングを採用したデッキ。ミニオンの攻撃だけでなく、儀式用斧など祈願による攻撃でもコストを軽減できるため、かなり序盤に召 […]

» Read more

大決戦 16.2 レジェンド14位 ちゃらかーど’s ガラクロンドウォリアー

デッキ概要 ちゃらかーどさんがレジェンド14位を獲得したガラクロンドウォリアー。 エターニウム・ローバーの採用が特徴的なデッキ。扇動する船頭、鎧職人とあわせて大量の装甲を獲得することも可能な1マナのミニオンとして機能しま […]

» Read more
1 2 3